インターネット予約

いとう歯科クリニック-モバイルサイト

患者の気持ち-いとう歯科クリニック

小児歯科

小児歯科

子供は大人と異なり、大きく変化し続けるため、成長のステージに合わせた予防や治療が必要です。乳歯の頃からしっかり歯科治療を行う事で、永久歯に生え変わった際に歯並びや噛み合わせを整える事が出来、将来充実した食生活を送る事が出来るようになります。


子供の歯について

子供の歯である乳歯は永久歯に比べて、とてもやわらかく、大きさも小さいものです。
そして、虫歯にかかりやすく、虫歯になると進行が早いのが乳歯の特徴です。
乳歯は永久歯に生え変わるからと虫歯を放置しておくと、永久歯に影響がでることもあります。
乳歯の虫歯を放置すると口内の虫歯菌が増殖するので次に生えてくる永久歯が虫歯になりやすくなることもあります。

子供の歯は虫歯になるものだからと放っておかず、お子様の歯に異常が現れたら、放置せずすぐに受診されることをお勧めします。


歯の成長と歯科治療

お子様の歯は、個人差はありますが生後6カ月頃までに生えはじめ、3歳までに20本の乳歯が生えそろってきます。
乳歯は、お子様の身体の健康に大きく関わり、将来生え変わるであろう永久歯の歯並びや噛み合わせのガイドにもなっています。
お子様の成長過程に合わせた予防や治療を行い、大切な歯を守ってゆきましょう。

◇ 生後6ヶ月頃

生後6ヶ月を過ぎると乳歯が生えはじめますので、この時期から歯磨きが必要になります。
最初は分からない事も多いと思いますので、少しでも気なる事がございましたら、何でもご相談下さい。

◇ 1歳6ヶ月から3歳頃

1歳6ヶ月になると、上下の前歯12本と奥歯4本の乳歯が生えてきます。
生えている歯の数と種類、虫歯や歯の汚れ、噛み合わせの状態などをチェックします。

◇ 3歳頃

3歳になると、3歳児健診があります。
歯の健診では、20本の乳歯が生えそろい、噛み合わせがきちんとできているか、また虫歯になりやすいかなどを歯科医師が確認します。
この頃から、予防がおろそかになると虫歯が増えてくるようになるので、お子様の歯に注意が必要です。

◇ 6歳頃

6歳頃になると、乳歯の奥歯のさらに奥に最初の永久歯(6歳臼歯)が生えてきます。
この歯は、一番大きく、噛む力が最も強い大切な歯です。ですが、歯が顔を出し切るまでに時間が掛かり、歯磨きがしにくく虫歯になりやすいので十分な注意が必要です。「6歳臼歯がなかなか生えない」「痛い」「前歯が斜めに生えた」「歯並びがおかしい」「噛み合わせがおかしい」と言った場合などは、できるだけ早くご相談下さい。

 

当院ではお子様の歯の将来のために、しっかりとした予防処置(虫歯のリスクの高い歯の溝を予防的に埋めるシーラントや、3~4ヶ月ごとのフッ素塗布)や、定期検診による虫歯の早期発見と早期治療を行い、お子様の不正歯列や噛み合わせを含めたお口の健康管理をする事をお勧めしております。

ページトップへ

医院概要

いとう歯科クリニック

〒187-0035
東京都小平市小川西町4-13-14

[電話番号]  042-348-8241

[診療科目]
歯科、小児歯科、歯科口腔外科

[最寄り駅]
西武国分寺線、西武拝島線「小川」駅徒歩1分

診 療 時 間

9:30~13:00

/

/

14:30~19:00

/

/

 9:30~13:00 / 14:30~17:00
[休診日] 月曜日・日曜日・祝日


ページトップへ