インターネット予約

いとう歯科クリニック-モバイルサイト

患者の気持ち-いとう歯科クリニック

ホワイトニング

ホワイトニングとは

ホワイトニングとは、様々な原因により黄ばんだり色がついたりしている歯を、薬で白く漂白することです。
従来は、歯を削って白い歯をかぶせたり、歯の表面に付け爪のようなものを貼り付けるといった方法しかありませんでしたが、現在のホワイトニングは、歯の表面に薬剤を塗って漂白する方法や、患者様ごとの歯型に合わせて作られたトレー(マウスピース)にジェル状の漂白剤を注入して歯に装着する方法などによって、歯そのものを白くすることが可能となりました。


ホワイトニングとクリーニングの違い

歯を白くしたいという願望は、どなたにもあるのではないでしょうか。
歯を白くすることで混同しがちな「クリーニング」と「ホワイトニング」の違いについてご説明致します。


歯のクリーニング

いわゆる歯のお掃除のことで、歯石や歯垢を取り除き、歯周病や虫歯を予防することを目的とした治療法です。
クリーニングでは、もともとの歯の白さ以上に白くすることは出来ません。

歯のホワイトニング

虫歯や歯周病の予防に主眼をおいたものではなく、口元を審美的に向上させる治療法です。
歯を漂白することで、もともとの歯の色よりも白くすることが出来ます。

 

ホワイトニングによって歯を白くする場合、効果には個人差がございますのでご了承ください。


ホワイトニングのメリット・デメリット

▼ ホワイトニングのメリット

  •  健康な歯を削る必要がない
  •  歯の白さをご要望に応じて、調整できる
  •  セラミック等を使用する審美歯科治療に比べ、治療費が廉価
  •  比較的短い期間で歯を白くできる

▼ ホワイトニングのデメリット

  •  歯の色が後戻りする
  •  ワインやコーヒーなどを頻繁に摂取することによって再着色する
  •  あくまで一時的ですが、刺激症状(知覚過敏)が起こる場合がある

いとう歯科クリニックのホワイトニング

いとう歯科では、ご自宅で歯を白くする「ホームホワイトニング」を行っております。

歯型を取って、ホワイトニング用のマウスピースを作り、その中にホワイトニングジェルを入れてご自宅で歯を白くする方法です。

ホームホワイトニングの薬剤は、オフィスホワイトニング(歯医者で行うホワイトニング)に比べて濃度が低いため、しみづらく、少しずつ歯を白くしていくので、後戻りしにくいといった特徴があります。


歯に色が付く原因

そもそもどうして歯に色が付くのでしょうか。

歯に色が付く原因について、いくつか簡単にご説明します。

 タバコ、コーヒー、お茶など

色素が歯の内部にまで取り込まれることにより、歯が黄色く見えてしまいます。

 加 齢

年齢を重ねていくと、人の歯は自然に黄色く変色していきます。

 全身疾患

胎児のときに、母親の服用した抗生物質や過剰なフッ素といったものの影響によって変色することもあります。

 紫外線

肌が日焼けして黒くなるように、歯も紫外線の影響で変色する場合があります。

ホワイトニング後も白さを保つために

ホワイトニングをすれば、そのままずっと歯が白いままというわけではありません。
「歯に色が付く原因」で挙げた要因によって、再着色することもあります。
ホワイトニングの後も、白い歯を保つためには、タバコ、コーヒー、お茶、ワイン、カレーなどといった、歯に着色する飲食物を出来る限り摂取しないことが大切です。
また、加齢や遺伝的な要因によって歯が元の色に戻ってしまうこともあります。

再着色防止のためのホワイトニングは、半年~1年に1度くらいの頻度で行うことをおすすめします。


ホワイトニングが出来ない可能性のある方

  •  重度の歯周病を有する方
  •  虫歯のある方
  •  無カタラーゼ症の方
  •  妊娠中・授乳中の方
  • など

事前の診査で上記のことに該当する方は、まずは当院までご相談ください。

ページトップへ

医院概要

いとう歯科クリニック

〒187-0035
東京都小平市小川西町4-13-14

[電話番号]  042-348-8241

[診療科目]
歯科、小児歯科、歯科口腔外科

[最寄り駅]
西武国分寺線、西武拝島線「小川」駅徒歩1分

診 療 時 間

9:30~13:00

/

/

14:30~19:00

/

/

 9:30~13:00 / 14:30~17:00
[休診日] 月曜日・日曜日・祝日


ページトップへ