インターネット予約

いとう歯科クリニック-モバイルサイト

患者の気持ち-いとう歯科クリニック

入れ歯にお悩みの方へ

入れ歯にお悩みの方へ

当院では、患者様それぞれのお口の状態に合った入れ歯をご提供させて頂きます。

義歯(入れ歯)には保険適用の入れ歯と保険適用外の入れ歯(自費)があります。保険適用の入れ歯は、保険が適用されるため患者様の金銭的な負担を最小限に抑えられますが、材質やデザイン、構造に制限があり、ストレスに感じてしまう点もあるかもしれません。一方、保険適用外の入れ歯はそのようなストレスを少しでも解消するために、保険適用の入れ歯よりも良質な材質、技術を用いて快適な入れ歯を作ることが出来ます。

当院で取り扱っている義歯(入れ歯)には以下のようなものがあります。

1・金属床義歯

内側の歯茎に接する部分に金属を用いる事で、保険適用の入れ歯に比べて薄く出来る(強度があるため)ので、しゃべりやすく違和感も少なくなります。また、熱の伝わり方が良くなるので、お食事が保険の入れ歯に比べておいしく食べられるようになります。もちろん、丈夫で長持ちし、細菌や汚れも付きにくく衛生的です。

左側半分が金属床義歯、右側半分が保険適用の義歯です。

2・ノンクラスプ義歯(バネの目立たない入れ歯)

保険適用の部分入れ歯の場合、どうしても金属のバネを歯にかけなければならず、見た目の問題が出てきます。その見た目の問題を解消するための入れ歯がノンクラスプ義歯です。バネの部分が歯茎の色に近いピンク色の樹脂で出来ているため、入れ歯をしていることが目立ちにくくなります。

ただ、見た目の良さという長所がある反面、短所として、費用がかかる事と、バネの部分が金属に比べて少し耐久性が劣る事があります。(修理は可能です。)

左側が保険の義歯、右側がノンクラスプ義歯です。

保険適用の入れ歯です。バネの部分が金属で出来ているため、見た目の問題が生じます。

ノンクラスプ義歯です。バネの部分が目立たないようにピンクの樹脂で出来ています。

3・シリコン義歯

歯茎の触れる部分 に軟らかい素材(シリコン)を使った入れ歯です。噛んだ時の痛みを軽減し、吸い付きも良くなりますが、長く使っていくとシリコンがはがれる事や汚れが目立ってくることがあります。

4・その他

金属床義歯とシリコン義歯の組み合わせ(「薄くて快適」+「痛くない」)や、金属床義歯とノンクラスプ義歯の組み合わせ(「薄くて快適」+「見た目が良い」)も可能です。

5・保険適用の入れ歯

保険適用の入れ歯は、材料や構造に制約があり、見た目や厚さ、丈夫さなどの機能性は保険適用外の入れ歯と比較するとどうしても劣ります。ただし、保険が適用なので費用は安く(保険外の入れ歯に比べて)抑えることは出来ます。

ページトップへ

医院概要

いとう歯科クリニック

〒187-0035
東京都小平市小川西町4-13-14

[電話番号]  042-348-8241

[診療科目]
歯科、小児歯科、歯科口腔外科

[最寄り駅]
西武国分寺線、西武拝島線「小川」駅徒歩1分

診 療 時 間

9:30~13:00

/

/

14:30~19:00

/

/

 9:30~13:00 / 14:30~17:00
[休診日] 月曜日・日曜日・祝日


ページトップへ